×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

吉祥天女-第六章〜飛梅一華・小紅




music cuve 閉館されました

\六章* 十四 頁 



    ┐い 思 反 に 投 し 出 悲  ┐投 空 良 息 っ  ┐き 返   
   ど た わ 動 受 げ か 来 鳴 ラ げ に く も く と た り と 
   ・  °ず で け 出 し 事 を ク た 浮 叫 荒 ら ん 妖 様 っ 
   ・   シ シ 入 さ  `に 上 シ  °か び く 向 で 魔 に さ 
   ど   ュ ュ れ れ 不 声 げ ュ   ぶ な そ こ も を 手 に 
   う   ミ ミ て た 思 を る ミ   ラ が う う ね 次 に そ 
   な     い シ 議 上 シ    ク ら シ に ぇ 々 現 の 
   っ   に の た ャ な げ ャ 受   シ シ ャ 非 邪 に し 声 
   て   抱 体  °オ 事 て オ け   ュ ャ オ 難 魔 真 た に 
   る   き に   の に 驚 に 取   ミ オ に し が っ 長 気 
   の   つ ぶ   身 透 く 突 れ    の 言 て い 二 い づ 
   ?   く つ   柄 明 ラ 然 ぃ   玉 体 っ な た つ 太 い 
   こ   格 か   を の ク の !   目 を た よ も に 刀 た 
   の   好 っ   難 ゲ シ 突└    掛   ラ  `ん 裂 で ラ 
   玉   に た   な ジ ュ 拍     け    い だ い 飛  
   は   な シ   く ュ ミ 子     て   ガ い ぁ て び ガ 
   ・   っ ャ   そ の  も         は か  °い 掛 は 
   ・   て オ   の 玉  °な         勢  °ち っ っ 振 
    °    は   中 は   い         い└  ょ た て り 
  └                                 °    



 全 い 妖 投 そ 空 先 回 え 今 い し 怖 る す れ そ 突 金 二 
 て っ 魔 網 し を に し 荒 度 も か れ み る な の き 剛 人 
 の た 達 の て 切 つ 始 縄 は の し お る と い 勢 刺 杵 の 
 も  °を よ 勢 る い め を 羂 に 今 の 解 地 数 い し を 無 
 の   絡 う い  °た た 肩 索 な 度 の け 面 だ は て 現 事 
 を   め に 良   鎖  °に┌┐っ は き て を  °横 い し を 
 や   と 形 く   鎌   掛 け て 反 出 消 埋   殴 っ て 確 
 り   っ が そ   が   け ん い 対 し え め   り た 物 認 
 遂   て 変 れ   勢   る じ っ に た 失 尽   の  °凄 す 
 げ   そ 化 が   い   程 ゃ た ラ  °せ く   弾   い る 
 る   の し 放   良   の く  °    `し   の   勢 と 
 に   姿 て た   く   長└┘  ガ   残 て   嵐   い ラ 
 は   を か れ   ラ   さ と   の   党 い   の   で  
 き   消 な る      に 呼   攻   は た   如   次 ガ 
 り   滅 り と   ガ   現 ば   撃   そ 妖   く   々 は 
 は   さ の 幾   の   す れ   が   の 魔    `  に 幾 
 な   せ 範 重   頭   と る   容   威 達   数   妖 つ 
 か   て 囲 も   上   振 捕   赦   力 は   え   魔 も 
 っ     の の   で   り ら   な   に み   切   に の 
                                         



 な 血  ┐驚 ラ が 洞 急 現 空 響 ラ  ┐こ 暗 こ そ 魔 火 た 
 悪 気 黄 愕  あ 窟 旋 れ か か  奴 え 黒 の の 物 が が 
 寒 盛 泉 し ガ る の 回  `ら せ ガ か て の 場 気 同 つ ア 
 が ん じ た は ・ よ し ラ 憤 る は ・ き 大 ま 配 士 い チ 
 背 な ゃ  °そ ・ う て  り と 勢 ・ た 穴 で に の て ャ 
 筋 ラ ね   こ ・ な 大 ガ 激   い ・  °か 辿 気 争 し ラ 
 を  ぇ   か  °穴 穴 の し   良 ・   ら り づ い ま ナ 
 走 ガ ・   ら   倉 へ 体 い   く  °  地 着 い の っ  
 っ で ・   流   の 突 を 野   何└    を い た よ た タ 
 た さ 魔   れ   先 入 乗 牛   か     這 た の う よ 特 
  °え 界   く   の し せ の   を     う の か に う 有 
   も か   る   先 た る 形   呼     よ か  `な で の 
   思 ら   空   に  °と を   ぶ     う   よ っ   激 
   わ き   気   は     と   よ     な   う て   し 
   ず や   を   奈     っ   う     唸   や い   い 
   氷 が   感   落     た   な     り   く た   応 
   の っ   じ   の     疾   口     声   狭  °  戦 
   よ た   る   黄     風   笛     が   間     欲 
   う  °  と   泉     が   を     聞   の     に 
    └                                    



 さ な 怨    ┐っ 一   二 に 加 矢 小  ┐が 真 が 遥 ち 暗 
 せ ア 念   あ た 面   頭 向 速 を 刻 ほ 見 ん 吐 か ら 黒 
 て チ 化   ち 風 が   の か の 現 み ・ え 中 く 遠 に の 
 い ャ し   ぃ 牛 火   火 っ 中 し に ・ た に 業 く 這 ・ 
 た ラ た   ! が の   龍 て で て 震 本  °は 火 に い ・ 
  °の 業   死 飛 海   が そ ど 力 え 当   巨  °ち 出 そ 
   身 火   ぬ び と   激 の ん の る に   大   ら て れ 
   体 の   程 出 化   し 一 ど 限 唇 人   な   ち く も 
   さ 炎   あ し し   く 矢 ん り を だ   獣   ら る 魔 
   え は   ち て そ   業 を 近 に 噛 っ   の   と よ 王 
   も 凄   ぃ き の   火 放 付 弦 み た   よ   光 う 級 
   容 ま   よ た 中   を つ く を 締 の   う   る だ の 
   赦 じ   ぉ  °か   吐 と お 張 め か   な   の っ 怨 
   な い   ・   ら   き 同 ぞ っ る ・   負   は た 霊 
   く 威   ・   ラ   散 時 ま た と ・   に   魔  °が 
   焼 力   ・      ら に し  °今 ・   満   界   刻 
   け で   ・   ガ   し 脇 い   度 ?   ち   の   々 
   焦 強    °  の   た 時 権   は└    た   火   と 
   が 靭  └    乗    °の 化   弓     塊   龍   こ 
                                         



 そ 姿 丁 か 君  ┐泣  ┐れ ラ   を  ┐ロ 目 シ こ  ┐に 火 
 の を 度 っ の 待 き ゲ た ク   ・ 必  の ャ れ と 笑 傷 
 酷 現 そ た 存 た た ジ の シ   ・ ず チ く オ で っ み の 
 い し の  °在 せ い ュ か ュ   ・ や ャ ら の 血 て を 激 
 火 た 時└  が た 程 ! ゲ ミ    °り ナ む 声 の お 見 し 
 傷  ° `  な ね の└  ジ   └  遂 の 疲 が 上 き せ い 
 の   業   か  °想   ュ 達     げ 姿 労 良 っ の た 痛 
 姿   火   っ あ い   の の     て を の く た ア  °み 
 に   の   た り に   姿 不     み 思 中 聞 そ ン   に 
 皆   中   ら が 思   が 思     せ い  `こ の テ   身 
 驚   か   こ と わ   あ 議     ま 描 ラ え 馬 ナ   を 
 き   ら   こ う ず   っ な     す い  ら 鹿 つ   縮 
 の   戻   迄  `叫   た 玉      °た ガ ぁ で け   め 
 声   っ   飛 ラ ぶ    °に     ど  °は な か て   な 
 が   た   ん ク シ     ど     う   心  °い や   が 
 漏   ラ   で シ ュ     こ     か   に└  頭 っ   ら 
 れ      こ ュ ミ     か     ご   ヴ   に た   も 
 た   ガ   れ ミ      ら     加   ァ   で ぜ   不 
  °  が   な   °    現     護   イ   も ぇ   敵 
            °                       °    



 な ま さ | 見 心 こ 願  ┐動 の ア き  ┐そ の し い 期  ┐
 あ だ い | て 意 の い お 揺 泡 ン た あ の で か ぜ 待 よ 
 の 歳  ` ┐は 気 事 で 願 を 玉 テ ぜ の ま す し  °は う 
 方 若 後 私 っ に 態 す い 隠 か ナ  °怨 ま ぐ ケ└  し や 
 を か 生 を と ゲ に  °し せ ら が   霊 続 に ロ   て く 
 想 っ で ナ し ジ 配 私 ま な 近 利   野 け 言 イ   な き 
 っ た す イ た ュ し を す い づ く   郎 た 葉 ド   か や 
 て 頃  °リ  °は て 当  `ゲ け 処   に  °が の   っ が 
 飛  `└┌┐  か も 主 サ ジ て 迄   ホ   出 皮   た っ 
 び 想   地   つ 動 様 ッ ュ や で   ッ   な 膚   が た 
 込 い   獄   て じ の ト に っ い   ト   い が   今 か 
 ん の  └┘  の な も ヴ シ て い   ラ   ゲ 余   は  `
 だ た   へ   自 い と ァ ャ く か   イ   ジ り   来 花 
 ナ け   送   分 そ に 様 オ れ ら   ン   ュ に   て 籠 
 イ の   り   の の ・  °も よ て   を   に も   く 野 
 リ ま   込   姿 シ ・ 一 続  °め   繋   ラ 痛   れ 郎 
  °ま   ん   を ャ  °生 け└  ぇ   げ    々   て  °
   大   で   垣 オ└  の た   の   て   ガ し   嬉   
   切   下   間 の   お  °  そ       は い   し   
                                         



 言 そ  ┐そ 化  ┐個 ひ そ だ だ  ┐答 め 必 そ あ  ┐ふ  ┐
 っ ん ゲ こ の そ は と う か が あ え る 死 う れ い と ゲ 
 た な ジ で 攻 の ラ つ 言 ら  `あ た と に で に く ラ ジ 
  °様 ュ 君 撃 中 ク は う 心 私  ` °ゲ 止 し 近 ら ク ュ 
   子 ! は は に シ ゲ と 配 が 君   ジ め ょ 付 な シ ! 
   に└  待 絶 い ュ ジ 玉 し つ の   ュ よ う く ん ュ└  
   ラ   っ 対 る ミ ュ を な い 言   は う ゲ な で ミ   
      て 避 限  と 二 い て う   優 と ジ ん も    
   ガ   て け り だ シ 手 で い 通   し す ュ て も に   
   も   く て 心 け ャ に  °る り   い る  °・ う 呼   
   に   れ  °配 が オ 分└   °だ   目 シ└  ・ 無 ば   
   や    °  な 入  °け      `  に ュ     理 れ   
   り  └    い っ そ た     ラ   な ミ     よ て   
   と        °て し  °    ク   っ       °我   
   し       で い て       シ   て を       に   
   て       も た あ       ュ   そ 一       返   
   見       あ  °と       ミ   れ 時       っ   
   て       の   の          に 見       た   
           権   一        °    つ        °  
                                         



 の 他  ┐唖 ま は 現 ア   ※ 渡 ら 勢 須 そ に 苦  ┐の  ┐
 侵 の 娘 然 ず っ れ チ 不   し す い 賀 し 玉 笑 ・ 一 ど 
 入 者 ! と 驚 と た ャ 動   た 二 よ 公 て を す ・ 撃 う 
 者 達 ど し き そ  °ラ の    °頭 く の あ 進 る ・ 食 し 
 に は こ て  `の   ナ 尊     の 四 魂 の ま ゲ ま ら た 
 集 異 か い そ 存    者     火 方 が 穴 せ ジ ぁ っ ん 
 ま 様 ら た の 在   タ 達     龍 八 狭 倉 た ュ そ て で 
 っ な こ  °正 に   の  `    の 方 間 か  °は ん ヘ ぃ 
 て も こ   体 気   も 即     首 に の ら   シ な ン 石 
 き の に   を づ   と ち     が あ 場 と   ャ と ボ 頭 
 た を 入   感 い   に ラ     ゆ の に う   オ こ   °
  °感 っ   じ た   摩      ら 業 姿 と   の だ し 伊 
   じ た   取 長   訶 ガ     ゆ 火 を う   身  °た 紗 
   な !   っ は   不 が     ら の 現 怨   体└  の 那 
   が└    て そ   思 属     と 炎 し 霊   を   か┌┐
   ら       の   議 す     辺 を た と   護   よ い 
   も       裸   な る     り 吐  °化   る    °し 
   突       形   娘       を き   し   よ  └  ゃ 
   然       に   が       見 散   た   う     な 
                                      └┘



       も 今    ┐と 騒   に ア そ 思 一 長 確  ┐言 し 
       巻 世   な 観 動   続 チ れ わ 杯 は か 女 葉 か 
       き と   ・ る に   い ャ に ず に 心 に 身 が し 
       込 異   ・ 事 驚   た ラ 続 膝 な が ・ に 減 そ 
       ん 次   ・ が い    °ナ い を り 高 ・ 成 っ の 
       で 元   な 出 た      て 着  `揚 ・ ら て 井 
       動 の   ん 来 バ     タ そ く   す ・ れ い 手 
       き 狭   と な ス     達 の と   る ・ て く 達 
       出 間    °い ウ     が 場 ひ   の  °は  ° `
       し の  └  光 も     波 に れ   を└  い   時 
       て 惨     景 姿     を い 伏   抑   ま   折 
       い 事     に を     打 た し   え   す   金 
       た は     釘 現     っ あ た   き   が   色 
        °大     付 す     た り  °  れ   貴   に 
         き     け と     よ と     な   方   輝 
         な     に そ     う あ     い   様   く 
         存     な の     に ら     想   は   瞳 
         在     っ 二     そ ゆ     い       に 
         を     た つ     れ る     で         
                °